3月期決算の企業の株主総会が終わったかと思ったら早いもので、第1四半期の決算発表が7月下旬から本格化する。総会や決算発表で飛び出す経営者の声に耳を傾けていると、流行語のようにこだまするのが、「ROE(自己資本利益率)」という言葉だ。株主が出資したお金に対して企業がどれだけ利益を上げているか、稼ぐ効率性を示す経営指標とされる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1586文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。