英国の欧州連合(EU)離脱、いわゆる「Brexit」ショックが世界を駆け巡って約1カ月がたった。その行方は今も混沌としており、世界経済がその動向に揺さぶられている。ただ、離脱直後のパニック状態が収まり、少し冷静になってみると、このような事態が起きることは想定されていたとも言える。