PROFILE
ダイキン工業会長兼グローバルグループ代表。1935年京都府生まれ。94年6月に社長就任。2002年6月会長兼CEO(最高経営責任者)、14年6月より現職。ダイキン工業を空調でグローバルトップ企業に育てた。
(写真=太田 未来子)

「イベント通じ社員に一体感。
帰属意識高める手法は世界中で通用するもの」

 5月末に、米国事業の中核となるテキサス州ヒューストンの新拠点でオープニングセレモニーを実施した。米国内の既存4工場を集約した生産機能に加え、研究開発やマーケティング、物流機能を備えた一大拠点だ。今後はグローバルのモデル工場として、ここが持つ最先端の生産技術を世界各地の拠点へと展開していく。2020年度に連結売上高3兆円を目指す当社にとって、最も重要な拠点となる。

 セレモニーには地元政財界や取引先など400人以上の関係者を招待したほか、工場敷地内の広場でも地域住民や社員の家族ら約4500人を招いてお祭りを開いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1166文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。