PROFILE

富士フイルムホールディングス会長・CEO。1939年旧満州国生まれ。63年東京大学卒業、富士写真フイルム入社。2003年6月代表取締役CEO就任。写真フィルムに依存した事業構造を大転換した。

(写真=的野 弘路)

「M&Aは有効な手段。『そろばん』を使って考え抜き、実現させる」

 昨今、M&A(合併・買収)が、企業の経営戦略上、一般的になってきた。M&Aは事業成長を加速させる上で、有効な施策である。例えば、富士フイルムにおいても、2000年以降写真フィルムの市場が急激に縮小する中で、事業内容を転換して新たな事業領域で成長するためにM&Aが大きな役割を果たしてきた。

 手持ちのリソースでは不足しているピースを補う方法として、M&Aはそれを補い、かつまた「時間を買う」ことができる優れた手段だ。富士登山を麓からではなく、5合目からスタートするようなものである。もちろん、その企業とのシナジーも含めて、山頂まで登りきる力を備えていることが前提である。