PROFILE

富士フイルムホールディングス会長・CEO。1939年旧満州国生まれ。63年東京大学卒業、富士写真フイルム入社。2003年6月代表取締役CEO就任。写真フィルムに依存した事業構造を大転換した。

(写真=的野 弘路)

「M&Aは有効な手段。『そろばん』を使って考え抜き、実現させる」

 昨今、M&A(合併・買収)が、企業の経営戦略上、一般的になってきた。M&Aは事業成長を加速させる上で、有効な施策である。例えば、富士フイルムにおいても、2000年以降写真フィルムの市場が急激に縮小する中で、事業内容を転換して新たな事業領域で成長するためにM&Aが大きな役割を果たしてきた。

 手持ちのリソースでは不足しているピースを補う方法として、M&Aはそれを補い、かつまた「時間を買う」ことができる優れた手段だ。富士登山を麓からではなく、5合目からスタートするようなものである。もちろん、その企業とのシナジーも含めて、山頂まで登りきる力を備えていることが前提である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1136文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。