PROFILE

1947年京都市生まれ。伊藤忠商事、ジョンソン・エンド・ジョンソン社長、最高顧問を経て2009年6月からカルビー会長兼CEO。2018年6月24日にRIZAPグループCOO(最高執行責任者)就任予定。

(写真=清水 真帆呂)

「株主を、優先順位の最後に。それが真の株主重視経営を生む」

 3月期決算企業の株主総会シーズンが来た。2018年3月期の上場企業は2期連続で最高益を更新しそうだが、今期は円安一服に原油など資源高で微減益になりそうだという。

 となれば株主は今期も増益にすべしと企業への要求を強めるかもしれない。これに対して経営者は精いっぱい応えるべく、かしこまるのだろう。しかし、単純な株主至上主義でいいのだろうか。それはかえって株主のためにならないのではないか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1174文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。