PROFILE
1942年埼玉県生まれ。66年東大法卒。69年に家業である八百幸商店(現ヤオコー)に入社。85年社長。関東地盤の有力食品スーパーに成長させる。2007年に会長。09年から日本スーパーマーケット協会会長。

(写真=的野 弘路)

「売り手市場の就活生は本当に幸せなのだろうか。つらい体験が努力を生む」

 夏に向けて大学4年生の就職活動は本番を迎え、今年も街にはリクルートスーツに身を包んだ若者があふれた。昨今の人手不足を反映して「売り手市場」が続いているようだ。当社では会長である私が年初から春にかけて、就職活動中の学生に対して話をする機会を設けている。会社を知ってもらうという狙いはもちろんあるが、まずは社会に出るときの心構えなどを若者に伝えるようにしている。

 ここ数年は、最初にこういう話をしている。「皆さんはある意味、運が良い。売り手市場の中で就職活動ができ、ぜいたくさえ言わなければ、就職ができないということはない。だが、長い目で見ると、それが本当に幸せなことなのかは分からないよ」と。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1104文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。