備えあれば憂いなし。今年11月の米大統領選を迎えるにあたって、多くの企業経営者がこの格言を改めて胸に刻み込んでおく必要がありそうだ。共和党、民主党双方の大統領候補が出そろい、ドナルド・トランプ氏、あるいはヒラリー・クリントン氏のどちらかが選ばれる今回の選挙。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1564文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。