日本では最近、同じ会社で働き続けるのが遅れていて、転職するのが進んでいるような風潮があるが、間違っていないだろうか。労働市場の流動性が高い米国で、人事のあるべき姿について考える機会があった。