PROFILE

1935年生まれ。慶応義塾大学卒業、キッコーマン入社。米コロンビア大学経営大学院修了。95年社長、2004年会長、11年から現職。14年6月、日本生産性本部会長に就任。

(写真=陶山 勉)

「来年度以降は忙しくなる。だからこそ今年度中に 腰を据えた議論が必要だ」

 2019~20年度は日本で行事が目白押しだ。政治家は特に忙しくなる。だからこそ18年度中に、日本が抱えている重要な懸案について腰を据えて議論しておくべきだ。

 19年度になると今上天皇が退位され、皇太子殿下が新しく天皇に即位される。海外から賓客も多く訪れるだろう。6月には、日本での初開催となる20カ国・地域首脳会議(サミット)がある。先進国の中で日本の政治は比較的安定しており、国際政治の中で日本がリーダーシップを発揮できるチャンスでもある。7月には参議院選挙もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1179文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。