私は商家の長男として、家を継ぐことを期待されながら育った。だが、物心が付いたころから商人にはなりたくないと思っていた。父と母がやっていた商店の仕事は、頭を下げてばかりに見えて、何となく卑屈に感じたのだ。