PROFILE

1947年京都市生まれ。72年4月、伊藤忠商事入社。93年、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人へ。ジョンソン・エンド・ジョンソン社長、最高顧問を経て2009年6月からカルビー会長兼CEO。

(写真=清水 真帆呂)

「仕事は会社との『契約』。『成果』で測り 経営者を選抜する」

 今年6月末の株主総会で会長兼CEO(最高経営責任者)を退任すると発表した際、次のCEOを決めていなかったことをずいぶん不審に思われた。

 しかし、後任を決めなかったのは、もともと日本の経営トップに後任を決める権限がないからだ。それでも一存で決めているのはおかしい。当社で言えば、社外取締役などで構成するアドバイザリーボードに経営者の人選、報酬といった事項について意見を聞いて決めることとなっており、本来のガバナンス(企業統治)に沿って行動しただけである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1132文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。