PROFILE
1947年生まれ。慶応義塾大学卒業後、大和証券(現在の大和証券グループ本社)に入社。2004年社長、11年会長、17年顧問、現職。女性活用や働き方改革に先鞭をつけた。

(写真=大槻 純一)

「AIが生む賃金格差。付加価値高い仕事に就くためにも教育の拡充を」

 近年のICT(情報通信技術)の進歩は目覚ましい。私が長年にわたり関わってきた証券業界も例外ではない。高速取引やロボアドバイザーなど、これまでは人間が行っていた売買判断や資産運用助言などの分野に、新しいテクノロジーが活用され始めている。今後もAI(人工知能)や量子コンピューターなどの新技術が、想像をはるかに超える形で台頭してくることが予想される。

 企業が生み出した付加価値のうち、人件費が占める割合を示す労働分配率は世界的に低下傾向だ。製造業を中心に自動化が進み、以前よりも労働力が必要なくなってきた面は否めない。このまま機械やAIによる代替がどんどんと進んだら、人間のする仕事がなくなるのではないか。多くの人がそう心配してしまうのもうなずける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1082文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。