1974年にコンビニエンスストアを始めたときは大型店が全盛の時代で、コンビニなんて日本では成り立たないと言われた。24時間営業にするときも「何でそんな必要があるのか」と周囲は見ていた。