世界経済の混迷が深刻だ。中国の景気減速を発端とした資源安などが世界経済を揺るがしているというのが、一般的な見方だろう。それはマクロ経済的には正しいが、危機の本質はもっと根深いところにある。世界的に国家や企業への信用が失墜していることだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1600文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年3月21日号 132ページより目次

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。