世界経済の混迷が深刻だ。中国の景気減速を発端とした資源安などが世界経済を揺るがしているというのが、一般的な見方だろう。それはマクロ経済的には正しいが、危機の本質はもっと根深いところにある。世界的に国家や企業への信用が失墜していることだ。