「世界標準化は難しい。直面する環境問題に対し現実的な最適解を示す」

PROFILE
ダイキン工業会長兼グローバルグループ代表。1935年京都府生まれ。94年6月に社長就任。2002年6月会長兼CEO(最高経営責任者)、14年6月より現職。ダイキン工業を空調でグローバルトップ企業に育てた。

 これからの時代、日本の製造業がグローバル市場で勝ち続ける上で、「環境技術」が何よりも重要になる。「持続的な成長」という人類・地球全体の課題に対し、製造業ができる最大の貢献は、環境技術を磨き、その成果を商品やサービス、ソリューションの形で提供することだからだ。

 ただ、パリ協定の採択に至るまでにも議論が百出したことからも分かるように、環境問題というのは国ごとの政治的な思惑や、企業の競争関係などの要素が複雑に絡み合う。コンセンサスづくりが極めて難しいのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1192文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。