「政治家と経営者は長期的な構想を示して経済の好循環を生み出せ」

PROFILE
1935年生まれ。慶応義塾大学卒業、キッコーマン入社。米コロンビア大学経営大学院修了。95年社長、2004年会長、11年から現職。14年6月、日本生産性本部会長に就任。
(写真=陶山 勉)

 日本の政治家や企業経営者が短期志向になっていることを心配している。政治家は世論調査に、経営者は四半期決算に一喜一憂してしまっている。世論調査や四半期決算には問題があるものの、一定の役割があるためやめるわけにはいかないのだろう。

 例えば政治家は世論調査を気にして、不人気な政策を避けがちだ。調査の仕方にも疑問がある。「消費税率の引き上げをどう思いますか」と尋ねられれば、多くの人が反対するだろう。「財政健全化のために消費税率を引き上げざるを得ないことについて、あなたはどう思いますか」など、質問の仕方を変えることも必要ではないか。

 経営者が長期的な視点で投資を増やせないのにはトラウマがある。現在60代の社長は、バブル経済が崩壊した時期に中間管理職だった人が多い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1059文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。