アナログの「写真」を事業の基盤としていた当社が、写真のデジタル化によってその事業構造を大きく転換しなくてはならなくなったことは何度か当欄にも書いてきた。こうした「デジタル化」の潮流に無縁でいられる分野は数少ないだろう。