PROFILE
富士フイルムホールディングス会長・CEO。1939年旧満州国生まれ。63年東京大学卒業、富士写真フイルム入社。2003年6月代表取締役CEO就任。写真フィルムに依存した事業構造を大転換した。
(写真=的野 弘路)

悲観論は何も生まない。日本社会の質の高さにもっと自信を持とう

 2018年は年初から世界の株式市場が活況を呈している。日本経済もおおむね、順調と言っていいだろう。今年は平成30年で来年は元号が変わる。2020年には東京五輪が開催される。少なくともそこまでは投資が続くし、世界中から観光客もたくさんやって来る。

 問題は「五輪後」だといわれる。内需の停滞懸念や少子高齢化、社会保障の問題などを考えると、悲観的な気持ちになるのは分かる。だが、過度な悲観論からは何も生まれない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1218文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。