日本は先進国の中で物余りの状態にあり、消費者は慌てて物を買う必要を感じていない。消費というものは心理的な要因が大きく左右するものだ。心理がいかに重要かということは、増税時における過去の日本人の消費行動で実証されている。