かつて中世ヨーロッパでは、キリスト教の権威を背景に、狂気の「魔女狩り」が行われ、多くの庶民が無実の罪で火あぶりにされた。また「天動説」が正当とされ、ガリレオなどの学者が弾圧されて中世暗黒時代と呼ばれた。