労働生産性の向上と保護主義への挑戦。2017年、日本企業はこの2つが大きな経営テーマになるだろう。