伝統芸能を披露する場がまた一つ消えた。大阪能楽会館が年内をもって閉館し、約60年の歴史に幕を閉じる。能楽師で同会館の大西礼久取締役は「売り上げ減で地代や営繕費を賄えなかった」と話す。

[大阪能楽会館取締役]
大西礼久氏

1968年生まれ。観世流能楽師。重要無形文化財保持者(総合指定)。3歳で初舞台を踏み、能の普及にも取り組む。昨年から大阪能楽会館の経営にも本格的に携わる。閉館後は別の能楽館で稽古や舞台に出演予定。

SUMMARY

大阪能楽会館閉館の概要

1959年に開館。大西礼久氏の祖父で、観世流シテ方の故大西信久氏が能楽専用ホールとして創設。建築家の竹腰健造氏による建物で約510人を収容できる中規模の能楽館。伝統芸能の衰退に伴い、年々営業収入が減少してきた。借地で運営し、現状でも営繕費を捻出できないほど逼迫していたため閉館を決断。2018年2月までに取り壊す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2436文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。