イルカの追い込み漁で知られる和歌山県太地町が追い詰められつつある。水族館協会が生きたイルカの個体の捕獲も「残酷だ」と断じて、購入を禁じたからだ。太地町の三軒町長は「漁は合法だが、情報発信が不足していた」と反省する。