イルカの追い込み漁で知られる和歌山県太地町が追い詰められつつある。水族館協会が生きたイルカの個体の捕獲も「残酷だ」と断じて、購入を禁じたからだ。太地町の三軒町長は「漁は合法だが、情報発信が不足していた」と反省する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2837文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年11月16日号 106~107ページより目次

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。