中国子会社で、元総経理らによる着服や架空の売り上げ計上が発覚した。董事長だった竹中洋氏も調査委員会から事件への関与を疑われた。竹中氏は東京衡機の社長に就任したが、東証側へ改善報告書の再提出を余儀なくされた。

[東京衡機社長]
竹中 洋氏

1955年、中国生まれ。建設会社などを経て、97年にホテル家具販売のナカタケを起業。日本への帰化も果たす。2015年から東京衡機の社外取締役。16年3月~17年2月、子会社の無錫三和塑料製品の董事長。今年5月より現職。

SUMMARY

東京衡機子会社の不正の概要

東京衡機は昨年7月、中国子会社の無錫三和塑料製品について、従業員の内部告発により、元総経理らの生産設備の不正使用や棚卸し在庫の横流しなどが発覚したと発表。調査委員会は董事長だった竹中洋氏の関与の疑いについて言及したが「認めるに足る証拠は検出されなかった」とした。今年5月には竹中氏が東京衡機の社長に就任した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2369文字 / 全文2801文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。