愛知県小牧市は10月4日、「TSUTAYA図書館」の建設の是非を問う住民投票を実施した。結果は反対が過半を占め、市は計画を白紙に戻して、事業者との契約も解消することに。山下史守朗市長は断念せず、「実現に向けて反対派の意見を時間をかけて丁寧に聞きたい」と話す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2905文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。