将棋のプロ棋士である山崎隆之8段は、第1期電王戦で将棋ソフト「Ponanza(ポナンザ)」と対局した。結果は2局ともポナンザが勝ち、その実力を知らしめた。山崎8段は将棋ソフトの活用が進めばパターンが偏り、将棋の幅が狭くなることを危惧している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3079文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年11月7日号 72~73ページより目次

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。