希望の党が民進党を巻き込んだ末に完敗し、自民圧勝に終わった先の衆院選。前号に引き続き、「敗軍の将、兵を語る 衆院選スペシャル」をお届けする。中央と地方、それぞれ政局の裏側で何が起きていたのか。敗者が裏側を語った。

9月27日、都内で希望の党の設立会見を開催した小池百合子代表(中央)。若狭勝氏(右)、細野豪志氏(左)ら発足メンバーが脇を固めた。この時は高揚と期待が高まっていたのだが……(写真=毎日新聞社/アフロ)
希望・東京10区
若狭 勝氏 [前衆院議員]
期待が高まりすぎた 議員は目指さない

 希望の党・小池百合子代表の右腕で発足メンバーの若狭勝氏が、小池代表から地盤を継いだ東京10区でまさかの落選。比例復活もできず議員バッジを失った。自身の落選と党全体の不振を語る。

 今回の結果は残念極まりない。支援していただいた方には申し訳ないという気持ちでいっぱいです。特に私が出馬した東京10区は希望の党代表の小池(百合子)さんから引き継いだ議席という意味で、じくじたる思いです。

 ただ、それは選挙の結果ですから、致し方ない。厳粛に受け止めた上で、気持ちを切り替え、前を向いてかなり色々と考えております。

 希望の党の立ち上げにおいて、私自身、短期間に相当、力を尽くしました。完全徹夜も2日間ありました。この東京10区というのが希望の党としては一番象徴的ということで、自民党は「若狭をつぶす」と、かなり力を入れているとは噂で聞いていました。ですから、いち早く選挙区に入りたかったのですが、とにかく党の仕事をやる人が限られていた。それを投げ出すわけにはいきませんでした。