宮古島と離島とを結ぶフェリーのターミナルを運営する第三セクターが破綻した。併設するリゾートホテルによる賃料の滞納などで債務超過の状態が続いていた。日本最長の橋の開通に伴う観光ブームの到来も生かせず、清算に追い込まれた。