家庭用マッチ最大手の兼松サステックが、マッチ事業から撤退する。およそ20年前から赤字だったが、消費者の声に応えて生産を続けてきた。だが工場の製造装置が寿命を迎え、ついに来年3月末に製造販売を終える。