全2928文字

女子レスリングで五輪4連覇中の伊調馨選手へのパワハラで4月、強化責任者を退任した。「チームの和を乱す行動を注意した」というが、選手とのコミュニケーション不足は否めなかった。今年1月にパワハラ騒動が起こって以来、栄氏が初めて単独取材に応じ、あふれる思いを語った。

[日本レスリング協会前強化本部長]
栄 和人氏

1960年鹿児島県奄美市生まれ。選手では88年ソウル五輪に出場。女子コーチに転じ、指導者の頭角を現した。至学館大学の監督などとして五輪メダリストを8人育成。2008年から日本代表女子、15年から日本代表男女の強化責任者を務めた。

SUMMARY

選手へのパワハラ騒動の概要

1月、「栄氏の伊調馨選手へのパワハラがあった」とする告発状が内閣府公益認定等委員会に提出された。栄氏と日本レスリング協会は否定したが、第三者委員会での調査の結果、一部でパワハラが認定された。栄氏は4月に強化本部長を辞任。8月には至学館大学からも去った。ただ、告発状に虚偽の内容があったとして、名誉毀損で田南部力氏を訴えた。