事業の海外展開を加速させるため、英語の堪能な次期社長候補を社外に求めてきた。ヘッドハンティングや2回にわたる社外公募など様々な手段を試してきたが、ことごとく頓挫。現在は暫定措置として3人の幹部の集団経営を検討しつつ、次は外国人候補も視野に入れる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2842文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年10月19日号 92~93ページより目次

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。