「結婚披露宴のキャンセル料が不当に高すぎる」──。消費者団体が企画会社のPlan・Do・Seeを相手に起こした訴訟は、団体側の敗訴に終わった。だが団体の事務局長は、「不透明な契約条項の改善が消費者を守る」として、戦い続けると言う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2934文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。