自民党総裁選で出馬に意欲を見せた野田聖子前総務会長。推薦人20人を確保できず断念するも、勉強会を立ち上げて再起を期す。安倍晋三政権には「安保法案よりも先に、やるべきことはある」と苦言を呈す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2865文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。