シューズ産業振興のため神戸市が設立した第三セクター。事業モデルが思うように機能せず、当初から赤字が続いた。解散を決め震災復興の象徴的存在だった拠点も住宅メーカーに売却した。

[くつのまちながた神戸・前代表取締役専務]
安達宏二氏


神戸市役所に入庁後、建設局下水道河川部経営管理課長、みなと総局参事などを歴任。神戸市役所を退職後、2015年4月、神戸市の第三セクター、くつのまちながた神戸の代表取締役専務に就任。今年6月、同社は解散。清算人を務める。

第三セクター清算の概要
神戸市長田区は戦後、ケミカルシューズ(化学靴)の生産地として栄えたが、1995年の阪神大震災で工場が被災するなど壊滅的な打撃を受けた。震災からの復興と産業振興のため99年、神戸市と中小企業基盤整備機構が中心となりくつのまちながた神戸を設立。シューズプラザを拠点に産業振興を進めたが、赤字が続き今年6月、解散した。

 今年6月30日、「くつのまちながた神戸」を解散しました。今年11月に会社清算を終了する予定です。

 くつのまちながた神戸は1999年4月、神戸市、地域振興整備公団(現中小企業基盤整備機構)を中心に日本ケミカルシューズ工業組合、神戸商工会議所など20団体が出資して神戸市長田区に設立しました。長田地区はシューズ産業が集積していることで知られています。その産業振興が目的でしたが、厳しい経営状況が続いていたことや、一定の役割を終えたことなどから解散することになりました。

震災で壊滅的な打撃受ける

 明治時代、英ダンロップが神戸に日本支店を設立したことなどから、長田地区ではゴム製品の製造が盛んになりました。第2次世界大戦後、塩化ビニールなどの様々な靴を作り、化学靴「ケミカルシューズ」と名付けました。

 以来、長田地区のシューズ産業は輸出産業の花形として発展を遂げましたが、70年代のオイルショック、85年のプラザ合意以降の円高によって、内需産業に転換しました。その後、バブル経済の崩壊によって大きな影響を受けた後、95年に阪神大震災によって大打撃を受けてしまいました。

 JR新長田駅周辺はほぼ壊滅してしまい、集積する8割の工場が操業不能となり、同年の生産量は前年比4割にまで落ち込みました。

 その後、操業を再開して生産額は徐々に回復しましたが震災前の75%程度にとどまっていました。

 こうした経緯から神戸・長田の地場産業の復興、活性化を目的にくつのまちながた神戸を設立したのです。

<b>神戸市長田区にあるシューズプラザ。入り口前に大きな赤いハイヒールのオブジェがあるのが特徴。住宅メーカーへの売却が決まった</b>
神戸市長田区にあるシューズプラザ。入り口前に大きな赤いハイヒールのオブジェがあるのが特徴。住宅メーカーへの売却が決まった

 新長田駅から徒歩3分ほどの場所に約13億円を投じてシューズプラザを建設しました。建物の前にはシンボルである赤いヒールのオブジェを設置。2000年7月に開業し、地域の人々にとっても復興の象徴になりました。

 シューズプラザは地上4階建て。1階は一般消費者向けの直売ショップ、2階は小売業のバイヤー(仕入れ担当者)との商談のためのアンテナショップを開設するスペースにしました。そして3階はシューズ産業の起業家向けにインキュベーションオフィスとしてスペースを貸し出しました。

 業界団体の日本ケミカルシューズ工業組合には当時、神戸市を中心に177社が加盟していました。多くは自社ブランドを持たずOEM(相手先ブランドによる生産)のメーカーでしたので、交流の拠点にしようと考えていました。

次ページ 累損解消後も赤字が続く