大阪府知事、大阪市長のダブル選挙の前哨戦と位置付けられた大阪・枚方市長選。2期8年を務める現職の竹内脩市長が、維新の党系の新人候補に苦杯を喫した。竹内氏は「枚方市政の今後を争点にできず、橋下劇場にのみ込まれた」と悔やむ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2843文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。