基幹システムなどに不正アクセスを繰り返し受け、21万件もの情報が漏洩していた事件が6月に発覚。教育分野での情報通信技術活用で知られていた佐賀県だが、セキュリティー対策の難しさが露呈した。再発防止に向け第三者委員会を設置するなど、問題点の洗い出しと対策作りを急いでいる。