豚骨ラーメンに欠かせない「辛子高菜」が全国的に不足している。筑後地方など一大生産地で、原料の高菜の栽培量が激減しているためだ。危機感を強めた高菜産地のJAみなみ筑後では生産増に向けた取り組みを始める。

[JAみなみ筑後代表理事組合長]
乗富 幸雄氏

1951年福岡県みやま市生まれ。高菜農家に育ち、JA全農ふくれん(全国農業協同組合連合会福岡県本部)勤務を経て、2014年から現職。高菜はJAみなみ筑後のある筑後地方や阿蘇地方が産地として有名。ほとんどが漬物に使われる。

SUMMARY

高菜不足の概要

全国的に高菜を使った漬物が不足しており、豚骨ラーメン屋などで提供を控えるところが出てきている。不足の原因は、高菜栽培を手掛ける農家が次々と離れていっているためだ。重労働にもかかわらず見合う収入が得られないという。皮肉にも高菜チャーハンの普及など高菜のニーズが拡大しており、品不足に拍車がかかっている。

 今年の5月ごろ、豚骨ラーメンのトッピングとして有名な辛子高菜が全国的に不足していることが報道されました。原材料である「高菜」が豚骨ラーメンだけでなく、おにぎりの具やパスタなどに用途が広がり、需要が伸びているためです。しかし、本当の原因はその需要に反比例するように生産量が激減していることにあります。

 高菜の一大生産地の一つが福岡県の南端に位置する筑後地方です。そこにある我々JAみなみ筑後(南筑後農業協同組合)も十分な量を供給できておりません。2003年の年間出荷量は816トンでしたが、年々減少し、18年はわずか69トンしかありませんでした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2140文字 / 全文2828文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。