6月末、中国事業から撤退し10億円強の特別損失を計上すると発表した。一時はユニクロをしのぐ600店近くを展開したが、黒字のめどが立たないと判断した。「日本の比じゃない」という価格競争と市場の変化の速さについていけなかった。

[ハニーズホールディングス 社長]
江尻 義久氏

1946年福島県生まれ。69年に早稲田大学卒、父親が経営するエジリ帽子店に入社。78年に婦人服を販売するエジリ(現ハニーズ)を設立し専務、86年から社長。2003年にジャスダックに上場(05年に東証1部)。17年に持ち株会社に移行。

SUMMARY

中国からの撤退の概要

6月29日に中国小売事業からの撤退を発表、2018年5月期に撤退に伴う特別損失10億円強を計上した。06年に中国に進出。その後は百貨店やショッピングモールに新店を出し、一時期は日本の衣料品専門店で最大規模となる600店近くまで店舗数を増やした。だが価格競争の激化などで採算が悪化、最近は中国が収益の足を引っ張っていた。

 中国に進出したのは2006年4月でした。ちょうど12年前になります。最初から好調でしたよ。百貨店の20坪くらいのコーナーに多くの店を出したのですが、1年目から利益が出ました。現地の若い子たちが日本のファッションに飛びついてきたのです。

 それを見た地元の一流百貨店が、どんどんテナントとして入ってくれと言ってきてくれて、上海、北京と店を広げていきました。13年くらいまでは一度も赤字にならなかったですね。ピークは12年でした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2184文字 / 全文2864文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。