バイオ燃料の製造と普及を推進する国策を受けて、2007年に発足した。だが、原料であるテンサイの調達が困難になるなど、最初から厳しい船出に。国の補助金打ち切りで解散。元社長は甘さを認めつつ、悔しさをにじませる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2871文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年8月31日号 116~117ページより目次

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。