バイオ燃料の製造と普及を推進する国策を受けて、2007年に発足した。だが、原料であるテンサイの調達が困難になるなど、最初から厳しい船出に。国の補助金打ち切りで解散。元社長は甘さを認めつつ、悔しさをにじませる。