固定資産税を払う必要がない建物に対して、29年間にわたり誤って課税を続けた。 誤課税に気づいた後も、還付すべき時期と金額を当初、見誤った。町長は「民法上の規定があることを知らなかった」と認める。

[福井県若狭町長]
森下 裕氏

1948年生まれ。若狭農林高校卒業。福井県の旧上中町産業課長、同企画課長などを経て、2005年に旧三方町との合併で生まれた若狭町の初代助役に就任。同町の副町長を経て、09年から現職を務める。

SUMMARY

29年間続いた課税ミスの概要

福井県の若狭町が非課税対象である組合の家屋に対して29年間、固定資産税を課税していたことが判明。対象になったのは、町内の中小企業でつくる組合の建物とみられる。還付の金額は約1858万円。29年分の誤課税のうち、地方税法、民法のどちらの規定にも当てはまらない9年分は返還されない。同町は町長の給料の10%を1カ月減給するなどした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2353文字 / 全文2782文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。