全国農業協同組合中央会(JA全中)の会長選の開票が7月5日に行われ、中家徹氏が内定した。敗れたJA東京中央会・連合会の須藤正敏会長は「私の提言が改革の突破口になれば」と話す。農家の課題ではなく、国民を巻き込んだ食品自給率維持の問題にしたいと考える。

[JA東京中央会・連合会会長]須藤正敏氏
1948年生まれ。1987年三鷹市農協青年部長。2008年JA東京むさし代表理事組合長。15年JA全中代表監事(現任)、JA全国共済会会長(現任)。自身も農家でオリーブやシラカシなどを育てている。

JA全中会長選の概要
全国農業協同組合中央会が開いた会長選でJA和歌山中央会会長の中家徹氏が新会長に内定した。8月10日の臨時総会を経て就任予定。全国の代議員251人による投票で中家氏が152票を獲得。JA東京中央会・連合会会長の須藤正敏氏は88票だった。中家氏は前回の会長選にも立候補し、現在、全中理事を務めるなど知名度を生かし選ばれた。

 全国農業協同組合中央会(JA全中)の会長選に立候補し負けました。新会長に内定した中家(徹氏、JA和歌山中央会会長)さんと違って知名度が低かった。251人の代議員のうち、せいぜい50人ほどしか私のことを知らないと思います。そのなかで88票も得られた。短期間で私の考えに多くの仲間が賛同してくれたことに感謝しています。負けて悔しいというよりも、改革の突破口が見えてきたという気がしています。