アベノミクスを批判し、憲法改正阻止を訴えた野党は大敗。自公政権は参院で過半数の、改憲勢力は3分の2の議席を確保した。野党共闘で現職大臣が敗れる波乱もあったが、効果は限定的だった。