7月2日投開票の都議選は、小池百合子氏率いる都民ファーストの圧勝、自民党の歴史的大敗で幕を閉じた。吹き荒れる“緑の暴風”を前に敗北を喫した党幹部や候補者は、何を思うのか。注目の1人区で暴風にあおられ涙をのんだ候補者たちは、一様にやるせなさをにじませた。

自由民主党
下村 博文氏 [東京都連会長]
国政問題がマイナス 都民に訴え届かず

自民党は現在の57議席を大幅に減らし、わずか23議席。過去最低の38議席を下回る歴史的惨敗を喫した。

 予想以上に厳しい結果でした。謙虚に反省しこの結果を受け止めたいと思います。責任については十二分に受け止めていきたいと思います。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6274文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。