神奈川県の市として唯一、三浦市が「消滅可能性都市」に。近隣にあった大企業の相次ぐ工場撤退が人口流出に拍車をかけた。期待の大きかった大規模宅地開発と鉄道延伸計画も凍結に追い込まれた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2354文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年7月4日号 78~79ページより目次

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。