神奈川県の市として唯一、三浦市が「消滅可能性都市」に。近隣にあった大企業の相次ぐ工場撤退が人口流出に拍車をかけた。期待の大きかった大規模宅地開発と鉄道延伸計画も凍結に追い込まれた。