地域の顔として半世紀以上、人気を博した東京・大森の百貨店が閉店。今年6月30日、大型店「MEGAドン・キホーテ」として生まれ変わる。多額の負債を抱え、後継者も不在だったことが思わぬ結果を招いた。