政令指定都市である千葉市の都市交通の要として開業した千葉都市モノレール。計画の遅れから利便性が低く、周辺人口も伸び悩んだことから開業以来、赤字が続いた。再建策を進め営業収支は黒字に転化したが、先延ばしした設備更新費用が重くのしかかる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2856文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。