政令指定都市である千葉市の都市交通の要として開業した千葉都市モノレール。計画の遅れから利便性が低く、周辺人口も伸び悩んだことから開業以来、赤字が続いた。再建策を進め営業収支は黒字に転化したが、先延ばしした設備更新費用が重くのしかかる。