4月24日に投開票された北海道5区の衆院補選で自民党候補に挑んだ池田真紀氏。 年金改革や安保関連法の廃止で安心できる社会づくりを訴えた。 結果は敗北。政治に無関心な層を十分掘り起こせなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2897文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。