4月24日に投開票された北海道5区の衆院補選で自民党候補に挑んだ池田真紀氏。 年金改革や安保関連法の廃止で安心できる社会づくりを訴えた。 結果は敗北。政治に無関心な層を十分掘り起こせなかった。