4月23日に投開票があった名古屋市長選は、現職の河村たかし氏が大差で続投を決めた。挑んだのは、河村氏に請われ副市長を務めたかつての“部下”で弁護士の岩城正光氏。市長と市議会・職員との対立が市政の停滞を招いているなどと訴えるも、敗北した。