秋田県で古くから愛され、食されてきたハタハタが極端な不漁に陥っている。2015年と16年で比較しても70%程度に減少した。漁業関係者の収入だけでなく、しょっつるなどの加工品業者、ハタハタが深く根付いた県民の食文化維持などに大きな影響を与えている。県や漁業関係者も厳しい漁獲枠の設定など対策を打とうとしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2804文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。