ガソリンスタンド経営を主軸にホームセンター、パチンコ店、酒類ディスカウントストア、飲食店など事業を拡大。ピーク時は年間100億円以上の売上高を計上していたが、景気低迷による消費の冷え込みなどから売上高は63億円(2015年2月期)まで減少。債権回収会社に銀行口座を差し押さえられ、資金決済が困難となったことから2015年12月、民事再生法の適用を申請した。